自信が確信に変わった

matsumoto.jpg
こんにちは、たくさんです。
中々プロ野球が開幕せずウズウズしております。
ということで今日はかなり個人的ではございますが、過去の印象強い・思いで深いプロ野球の
試合をランキング形式で語りたいと思います。

まず第3位、
1998年7月31日 巨人vs阪神
この試合では、当時巨人ではエース級の活躍を見せていたバルビーノ・ガルベス
この日は6失点KOを喫し、橘〇球審の微妙な判定の連続に堪忍袋の緒が切れ、投手交代時にベンチ付近から球審に向けビーンボールを投げるという大事件でした。

当時まだ学生であった私は夏祭りから帰宅し、巨人ファンである父親がテレビ中継を見ており、衝撃の瞬間を目の当たりにしたことは今でも覚えています。

個人的には好きな投手でしたが、勝ち運がなくそして何より色々と危険な選手でしたね。


次に第2位、
2014年5月2日 西武vsロッテ
当時、QVCマリンフィールド(現ZOZOマリンスタジアム)にて現在は楽天に移籍した岸孝之投手がノーヒットノーランを達成した試合になりますが、この日は実際に球場で観戦をしておりロッテファンながらも興奮をした記憶が今でも蘇ってきます。

あの日の岸投手は代名詞でもあるカーブのキレは勿論の事、何よりもストレートが3塁側内野席で素人が見ていても分かるほどのえげつないノビ・キレをしており、ロッテ以外の相手でもノーヒットノーランを達成していただろう、と確信をしております。

ノーヒットノーランを達成した試合を実際に観戦できた、という思い出深い試合なので2位といたします。

そして第1位、
2011年4月12日 楽天vsロッテ
東日本大震災の影響で開幕がこの日となったプロ野球。
4月2日には当時楽天に所属していた嶋基宏選手がスピーチした際の「見せましょう、野球の底力を」という言葉はその年の流行語大賞の候補にノミネートされました。

そして迎えた開幕戦。

エース岩隈が粘りのピッチングを見せる中、7回にはその嶋が逆転となる3ランホームランで逆転勝利を決める、というドラマチックな内容となりました。
当時テレビ観戦していた私も嶋選手のホームランには鳥肌が立ちました。
嶋選手、ヤクルトでもご活躍期待しております。


今回もプロ野球の開幕が遅れようやく6月開幕か、と少しの光が見え始めております。
オールスターも中止が濃厚で残念でなりませんが、とにかく選手達にはまた記憶に残るような試合をたくさん繰り広げて欲しい、と願っております!!
その為にも我々も感染防止に努めましょう!!

少々長くなりましたが、超個人的なランキングでした。それではまた。
スポンサーサイト



プロフィール

瑞江第一ホテル

Author:瑞江第一ホテル
瑞江第一ホテル
都営地下鉄新宿線[瑞江駅]徒歩0分
東京ディズニーリゾート・秋葉原・
タワーホール船堀など・・・・・
ビジネス&レジャーのアクセス拠点

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
瑞江第一ホテル モバイル
携帯電話からの予約なら こちらから
QR