江戸川区銘菓 お土産付プラン

Rさん
こんにちは スタッフ R です

今日は江戸川区の名産、金魚と小松菜のお話

【金魚の故郷江戸川】
江戸川区の金魚養殖は明治時代に始まりました。その後、大正12年(1923年)9月の関東大震災以降に金魚の需要が増大しました。
それまで金魚の養殖は本所、深川が中心でしたが、需要の増大に伴い亀戸、大島、砂町方面に移っていきます。
やがて砂町方面が工業化すると金魚の養殖はしだいに江戸川区に移ってきました。
第二次世界大戦が始まると、食糧難に伴う餌の不足や金魚池が田畑に転用され、金魚の品種絶滅の危機が迫りました。

しかし、関係者の努力により、なんとか品種の絶滅は防ぐことができたそうです。
戦争が終わると金魚の養殖が再び盛んになり海外へも輸出するようになりました。
このころには区内大規模養殖家の復活と区外の養殖業者がほとんど卸専門となったことにより江戸川区は
全国でも有数の金魚産地になりました。

昭和30年代には区内の都市化も急速に進み、多くの養殖業者が他県へ移転したり、転廃業するなど戦前の
最盛期には23件あった養殖業者も現在では2件になっていますが、毎年開催されている日本観賞魚フェア
において居並ぶ競合魚の前で見事、農林水産大臣賞を獲得するなど江戸川区の伝統は今でも脈々と
息づいています。


金魚
【小松菜】の生まれは江戸時代?
小松菜は、江戸時代鷹狩りで小松川を訪れた8代将軍徳川吉宗が昼食に出されたすまし汁に入っていた冬菜を
気に入り小松川の名をとって ”小松菜”と命名したと云われています。
現在、小松菜は年間8毛作されるほど効率よく生産され、一年中食すことができるようになりましたが、
本来は冬の野菜。霜の降りる冬になると色見も濃くなり、甘味が増します。
また、女性が不足しがちなカルシウムはホウレンソウの3.5倍も含んでいるそうです。
(江戸川区ホームページより引用)

そんな江戸川区の銘菓 玄舟庵 の【きんとと】(金魚をかたどったお菓子)と【こまつなっぴー】(小松菜を取り入れたお菓子)のお土産付プランはこちらから
 
   【江戸川区銘菓】 お土産付プラン 

スポンサーサイト
プロフィール

瑞江第一ホテル

Author:瑞江第一ホテル
瑞江第一ホテル
都営地下鉄新宿線[瑞江駅]徒歩0分
東京ディズニーリゾート・秋葉原・
タワーホール船堀など・・・・・
ビジネス&レジャーのアクセス拠点

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
瑞江第一ホテル モバイル
携帯電話からの予約なら こちらから
QR